救急医療情報を携帯しよう


災害時、


自分の大切な体調・医療情報を持っておくことが、


避難したあとの健康を保つために、とても重要です。



災害のショックを受けた後の避難所では、自分の病名や薬もちゃんと思い出せない人が多いものです。



せっかく助かったのに、正確に自分の病名や薬の名前、治療方法など、医療情報を伝えられなければ

適切な医療につながらない危険性が高くなります。


病気によっては、治療や投薬を続けなければ命の危険にさらされる人もいるでしょう。

 



だから、自分の身をまもるために、

混乱した災害時でも、自分の医療情報をちゃんと伝えられるように、

平時からまとめて書いて把握して、そしていつも携帯しておきましょう。




■急病時・・・家族ができる備え。



監修してくださいました 救急専門医 中森靖医師より貴重な救急現場の状況を教えていただきました


救急現場では、ますます高齢者の搬送が増えておりますが、既往症や常用薬がわからずに困ることが日常的です。
ステロイドや抗凝固薬の内服歴を後で知らされることも多いです。
行政もいろいろアイデアをだしますが、根付いているものはありません。
アスモスマイルの活動がひろまるとよいのですが。


関西医科大学附属滝井病院救急診療科 中森靖教授


・・・・


何に(食べ物?薬?)アレルギーがあるのか、ないのか、

持病はあるのか? ないのか?

薬は飲んでいるのか? 飲んでいないのか?

家族の携帯電話番号は?



いち早く、適切な処置・対応をするために、命を救うために

必要な情報・・・


「救急医療情報」を携帯しておくことが、

もしもの時に自分や家族を守るために、自分でできる備えです。


みんな、救急医療情報を携帯しよう!



表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

25